5 文法

文法

さて、先ほど述べた文法の、具体的な勉強方法ですが、これは、わからなかったら、どんどん基礎的な段階にさかのぼることです。

文法の分野は、数学の方程式などに似た部分があり、基礎の部分がわかっていないと、応用をいくらやったとしても全く理解できず、結果として成績も上がらないといったことになってしまいます。

もしも、問題を見てさっぱり何を聞かれているのかわからない、あるいは選択肢の違いがわからない部分があるといった場合は、きっぱりと中学の内容に立ち返ってでも、復習するようにしましょう。

 

このとき、時間のある人は、分厚い参考書を使って構いません。

ただ、分厚い参考書の隅から隅まで1ページずつ勉強するのはお勧めできません。

そのような勉強法を実行する必要があるのは、英文学者を目指す人くらいです。英文学者を目指す人であっても、大学に合格してから、ゆっくりと実行すればいいでしょう。

受験生に重要なのは、大学受験の試験科目として、英語を勉強し、高得点を取ることです。ですから、そういった勉強は必要はありません。

繰り返しになりますが、受験勉強に使うことのできる時間は無限ではないので、合格のために効率よく学習する必要があるのです。

英文法の勉強においては、全体をみて、大まかに何を言っているのかわかるようにするのを目的として、それを何度も何度も繰り返してください。

以前もお話ししましたが、人間は、覚えた瞬間から忘れていき、繰り返し繰り返し勉強しないと試験本番まで覚えていることなんて、到底出来ないのです。

この点に注意して、最低5回は復習を行って下さい。

ちなみに、時間が足りない人は、分厚いものではなく、薄っぺらい参考書を利用するといいでしょう。それを繰り返し行ってください。

そして、それぞれの参考書を扱うときは、その単元に合わせた問題も解いていきましょう。

ただ参考書を読むだけでは、実際のテストで問題を解くことは出来ません。

各単元にあった問題を解いていくことで、その単元の復習ができるのと同時に、問題を解くために必要な知識を学んでいくことが出来ます。

 

この文法の流れですが、一通り文法書の流れをつかんだら、どんどん問題を解いていきましょう。

まず最初は問題を解きましょう。

そして、わからなかったらすぐに解説を読みます。

ここで納得出来たら、次の問題に進んでください。

このときに、納得出来ない、わからないということでしたら、文法書に戻って確認をしてください。

とにかくしっかりと問題を解くことです。

そして実践的な暗記力をつけていってください。そうすれば自ずと成績も向上するでしょう。

英文がスラスラ読める!ロッケー式英文読解法DVD講座。詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP