6 ホルモン

3 ホルモン
ここは、とにもかくにも覚えることが最優先事項となります。何のホルモンがどこに働きかけていくのか、しっかり理解しましょう。ここはとにかく反復して勉強することが大切です。また、あるホルモンが別のホルモンを生み出すように働きかけて、その生み出されたホルモンが別のホルモンを…といったように連鎖的に反応していく場合もありますので、そのようなときは矢印を使って簡単な関係図のようなものを作るとよいでしょう。センター試験でもよく出る範囲であり重要なのですが、なかなか覚えきれない人が多い範囲です。どうしても難しいという人は教科書を改めて見返して、穴埋め式の問題集を使うなどしてしっかり勉強し直してみましょう。

PAGE TOP