5 遺伝

2 遺伝
遺伝は、生物I、つまりセンター試験の範囲の中で最も重要な範囲であるといえましょう。生徒が80点で終わるか100点を取れるかの差は、まさにここで決まるのです。しっかりとした対策が必要であります。遺伝で最も重要なポイントは、表、であるのです。遺伝子には、優性遺伝子と劣性遺伝子という二つの種類があります。この組み合わせによって、出てくる形相が違ってくるというわけです。つまり、遺伝子の組み合わせがとても重要であるのです。組合せを簡単に理解するのは、やはり、表、ということになります。表を作ることによって、オス個体とメス個体より生まれる子供の遺伝情報が容易にグループ分け出来るようになるのです。非常に難しいことを言っているように思えますが、何度も問題を解いて表の書き方とグループ分けに慣れるようにしましょう。また、どうしても躓くという場合は、生殖と発生の範囲を今一度復習してみましょう。そこの概念がよくわかっていないと、理解に苦しんでしまうことがありますから。

PAGE TOP