1 大学受験の生物という科目の特徴

大学受験の生物という科目の特徴
生物は、他の理科科目に比べて遥かに記憶に頼る分野が大きいです。そのため、理解力が足りなくても記憶力でカバーできるというメリットがあります。さらに、物理などの科目でよくみられるような複雑な計算の必要な科目ではないので、得点が安定しやすいというメリットもあります。しかしながら、国立二次試験や私立試験での記述問題は、とても高度な実験考察力、思考力が必要とされてしまいます。80点は安定して取れるのですが、100点が取りにくい科目である、というわけなのです。そこで、この文章では、主にセンター試験の対策としての勉強、記述試験対策としての勉強の二つの点から勉強方法を論じていこうと思います。

PAGE TOP