1 センター理科

センター試験理科  ・センター試験と二次試験

 まず最初に注意してほしいことは、あなたの受験するセンター試験のその科目で、二次試験まで受験するのかどうかということです。 これは非常に重要な問題です。 二次試験を受験するかどうかで、センター試験の勉強法そのものが変わってきますので、注意してください。

 具体的にいえば、センター試験のみの場合は、参考書のレベルはセンター試験に準拠したものを使用し、センター試験の範囲にならない分野に関しては勉強をするべきでないということです。

 この点は非常に重要なので、注意してください。 受験勉強に使うことができる時間は限られているので、出題されることのない範囲を学習している暇は当然ありません。

 そして、二次試験で、センター試験の科目と同じ科目を受験する場合には、センター試験の2ヶ月ほど前からセンター試験対策の勉強を開始するのがいいでしょう。

 センター試験には一定の出題傾向があるので、対策をするのとしないのとでは大きな差が生まれます。

 対策をしないでセンター試験に臨んでしまうと、センター試験対策をしっかり行ってきた他の受験生に対して不利になってしまいます。

 ですから、必ず2か月前には対策を始めるようにしてください。

 逆に言えば、それまでは二次試験だけに焦点を当てて勉強を進めていて構いません。

 なぜなら、二次試験対策の勉強をすることが、そのままセンター試験の勉強をすることにつながっているからなのです。

 センター試験の出題範囲は二次試験の出題範囲中にすっぽりと包まれており、そこからはみ出すことはありません。

 ですから、センター試験の勉強をしているときにも、二次試験の参考書を使用していくこととなります。

わかる!予備校の「物理、化学、生物、地学」DVD講座なら→詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP