10 筆者の言いたいこと

筆者の言いたいこと  

 国語の文章が段落に分かれているのは、その段落ごとに言いたいことがあるからなのです。

 基本的には筆者の言いたいことはそう多くはありません。

 各段落で、筆者の一番言いたいことを、読者に問いかけたり、例を出してみたり、まとめたり、と言った形で表現しているのです。

 ですから、評論文には強弱があるのです。

 その各段落の言いたいことをぱっと理解して、それを頭にいれながら読んでいけば、読みスピードはさらに速くなっていきます。

 ですから、この段落ごとの言いたいことを意識して、本文を読み進めていきましょう。

 まずは問題文全体や段落を大きく眺め、大体の流れや主旨を理解することで、細々とした内容を理解するスピードが格段に速くなるはずです。

得点力が身につく!予備校の「現代文、古文、漢文」DVD講座。詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP