6 解く順序、時間は?

解く順序、時間は?

 これはどの科目にも言えることですが、解いていく順番、時間配分をよく考えてから、演習を行ってください。

 センター国語の場合は評論、小説、古文、漢文をどの順番で解くのかを、さらにはどの大問にどれだけ時間をかけるのかを最初に決めてしまうべきだということです。

 国語の試験時間は全部で80分間で、評論、小説、古文、漢文の配点は一緒ですから、単純に割り算すると、一つの大問に20分間使えるということになります。

 よく言われていることは、小説と漢文の二つは、小説は読みやすいため、漢文は分量が少ないために、他のものと比べてやや短時間で解けるということです。

 ただし、どの大問に何分費やすかはじっくり考えて行ってください。漢文が苦手なのに、わざわざ最初に解く必要は無いということです。

 出来る限り初めの方に得意な、早く正確に解くことの出来る教科を解いて、ゆとりを持って次の問題に移りましょう。

得点力が身につく!予備校の「現代文、古文、漢文」DVD講座。詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP