4 消去法で解く

消去法で解く  

 国語の問題では文章に対する理解を問うような問題が多く、そのため、似通った選択肢が多くあります。

 ですが、ここで知っておいていただきたいのは、センター試験は非常によく作られているために、必ず解答を一つにしぼることが出来るということです。

 これは非常に優れた問題だと言えるでしょう。

 実際、私立大学の国語の問題の中には、選択肢が一つに絞れない問題もまれに存在し、各予備校の出している解答集の答えが、予備校によって違う場合もあるのです。

 同じ問題なのに、ある予備校の解答は⑤で、別の予備校の解答は②だったりするのです!

 予備校の講師が解答を迷うような問題は、すぐれた問題とは言えません。

 そして、似通った選択肢から正解を見つけ出すためには、紛らわしい選択肢の間違いである部分、つまり間違いの根拠を見つけることが重要になります。

 間違いの根拠が必ず本文中に含まれているという点が、センター国語において消去法が非常に有効となる理由です。

 むしろ、確実に消去されるために紛らわしい選択肢が用意されていると言った方が適切でしょうか。そんな出題者の意図を汲んで、必ず確信をもって正解を導き出すようにしてください。

 ですので、初めの復習のうちは時間がかかってもいいですから、その選択肢が間違いである根拠を入念にチェックしてください。

 過去問演習でも、迷った問題はチェックしておいて、たとえ正解したとしても、しっかりと復習を行ってください。迷って正解を出す際にも、自分なりの決断をして、選択肢を選んでください。

 絶対に鉛筆を転がして決めたりしないようにしてください。

得点力が身につく!予備校の「現代文、古文、漢文」DVD講座。詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP