2 長文をどう読むか?

長文をどう読むか?

 英文を、戻らずに読むことは、センター試験では非常に有効な手段となります。
 ここでいう「戻る」には大きく2種類が存在しています。
 一つは、英文を一回読んだだけでは頭の中に入らなかったため、もう一度戻って確認をしてしまうような「戻る」を指しています。
 これを何度もやってしまうといつまでたっても先に進めないばかりか、やっと後半部分にたどり着いて、そこも繰り返し読んでいると、初めの方に読んだ内容を忘れてしまうことまであり得るのです。
 そのようなことを避けるためにも、長文を読む際は、一文一文に集中して、出来る限り戻らずに読み進めることを心がけてください。

 もう一つの「戻る」とは、英語では通常そのまま読む部分に関して、それを日本語訳して理解するために、語順の変化が生じてしまうことです。

 例えば、関係代名詞のwhoなどが使われた際に、その関係代名詞がさす内容の部分(先行詞)まで戻って訳すようなことを指しています。
 英語を読む際には、出来る限り語順を変化させないで読んでほしいのです。
 そうすれば、一文一文をずっと進みながら読むことができますので、読むスピードが格段に上がり、センター試験のような時間との戦いとなる試験では非常に有効な手段となるのです。

英文がスラスラ読める!ロッケー式英文読解法DVD講座。詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP