6 センター社会のテクニック

センター社会のテクニック

 最後にテクニックのことを少し述べます。

 この社会科の問題は、出来る限り消去法で解いていくことをおすすめします。

 他の科目でももちろん消去法は使えますが、社会科に関して言えば、特に有効な手段となります。

 それは、この社会という科目では、単純に知識を問うという問題が非常に多いからです。

 マーク式のセンター試験において、知識を問うためには、似たような紛らわしい選択肢を用意するしかありません。

 ただ、知識を聞いている問題ですから、その部分の知識さえあれば、必ず間違いであることが分かります。

 間違っていると判断することは、正しいと判断することよりも格段に簡単です。

 間違いであることが分かれば、答えは残りの選択肢の中にあるのです。

 そして社会は選択肢が基本的には4つです。

 このうち3つの知識がしっかりと分かっていれば、問題を解くことが出来るのです。

 4つ分かっていれば、選択肢の確認が出来ます。 もちろん確認まで行えることが理想ですが、言い換えれば、知っていない知識が4つの中に一つあったとしても問題が解けるということです。

 ですから、とにかく社会に関しては、どんどん知識を入れていってください。

 そうすれば分かる選択肢が2つから3つになります。

 そしてそれが3つから4つになれば、飛躍的に得点力が向上するでしょう。

流れを理解し、得点源になる!予備校の

「日本史、世界史、地理、現代社会、政治経済、倫理」DVD講座な

詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP