5 知識の定着

知識の定着

 社会の科目の知識は一問一問が短く、多いために、知識の定着のためには、他のものに比べて数をこなさなければなりません。

 出来るだけ多い回数、復習を行う必要があります。

 このときにただ読んだり、書いたりするだけでは、頭に定着していきません。

 そういった知識を定着させるためには、知識を引っ張りだすというアウトプットの作業が必要になります。

 問題を見て、脳をフル回転させて、記憶を引っ張りだしていきましょう。

 引っ張りだすためには、一問一答形式の問題集や、穴埋め形式の問題が適当です。 

 そういった問題集を使って、知識が定着しているかどうかを確認していきましょう。

 この引っ張りだすという作業を何回も繰り返すように心がけてください。

 一回引っ張りだせたからといって、時間が経った後に同じように引っ張りだせるかといいますと、そんなことはありません。

 前述しましたが人間は忘れる生き物です。』 少なくとも3~5回は復習を重ねないと記憶は定着しません。

 逆に言えば5回復習すれば自然と定着すると考えてもらって大丈夫でしょう。

 なかなか覚えられない、すぐに忘れてしまう、と嘆かずに、とにかく復習を繰り返すことが肝心なのです。この点に注意して、意識を高めていってください。

流れを理解し、得点源になる!予備校の

「日本史、世界史、地理、現代社会、政治経済、倫理」DVD講座な

詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP