2 繰り返しの復習

 ですから、一度学習した内容を無駄にしないためには「必ず」、繰り返しの復習が必要なのです。

 復習しないような内容ならば勉強しないほうがましです。

 その勉強に割いた時間はただの自己満足の時間になってしまうでしょう。

 具体的には、過去問を解いて、間違えたところを、解答や教科書、参考書で復習しましょう。

 個々で復習してそのままにしておいてはいけませんね。

 もう一度問題を解く、解けなかった問題を確認する、というサイクルを何度も何度も、試験直前まで繰り返してください。

 初めのうちは時間がかかると思いますが、だんだんこの復習のサイクルは短くなってきます。

 そのような状況になるように何度も何度も復習を繰り返し行ってください。

 また、マーク形式の模試も積極的に受けて、同様のことを行ってください。

 マーク形式の模試は、実際に問題文に○をつけて、解答用紙にマークをするという本番と全く同じ手順で問題を解いていくことになります。  ここでしっかりと本番の雰囲気に慣れておくことが重要です。

 このような事前準備はとても大事です。

 センター試験の地歴公民では、他の教科に比べてやや時間には余裕があります。

 その余った時間にぼーっとしているようではいけません。

 余った時間は、特に選択肢で迷った部分の判断をする時間に使いましょう。

 センター試験で無駄に出来る時間というものは1分たりとも無いのですから、そのことを肝に銘じてください。

流れを理解し、得点源になる!予備校の

「日本史、世界史、地理、現代社会、政治経済、倫理」DVD講座な

詳しくはココをクリック!

 

PAGE TOP